章栄不動産のフローレンスマンション

章栄不動産のフローレンスマンションについて調査しました。

フローレンスマンションとは?

フローレンスマンションとは、章栄不動産が分譲マンション事業に乗り出した際に手がけたマンションであり「フローレンス口田南」と「フローレンス口田南弐番館」の2物件が一番最初となり、その後、時代に合った先進性と広い空間、デザインのクオリティの高さなどで人気を得、現在では190棟を超える棟数完売しいる人気のマンションとなった分譲マンションシリーズです。

このフローレンスマンションのシリーズ、分譲マンション事業へ乗り出した際の立役者は章栄不動産の現取締役会長の田中常雄氏です。

フローレンスマンションの歴史

フローレンスマンションは、平成4年4月、広島市安佐北区に「フローレンス口田南」と「フローレンス口田南弐番館」の販売がスタートとなります。

その後、人気とともに次々と販売、完売が続き、平成12年に50棟目を分譲、平成17年には100棟目を分譲と着実に分譲件数を伸ばしていきました。

さらに平成18年には150棟を突破し、平成24年現在では190棟を突破し200棟分譲も目前となっています。

フローレンスマンションの特徴

フローレンスマンションの特徴は、居住スペースだけでなく生活全般に対して居住者の満足度や日々の生活に花を添えるように建物だけでなく立地にもこだわっている点です。

立地が良い点に関しては、ほとんどの物件で駅かバス停までの距離が徒歩5分圏内である点です。もちろん駐車場も完備していて車生活、電車、バス生活どちらでも便利に生活を送れるのは利点のひとつです。

また、スーパーやコンビニといった生活に欠かせない買い物をする施設も近くにある場所に建設されているので、日々の生活で欠かせない買い物の便においても居住者の満足度が非常に高いです。

家族での居住者にも評判が良い点として、保育園、幼稚園、小学校など学校が近く、小さいお子さんをお持ちの方が安心をして送り出せるのも評判が高い点の一つです。

そして何といっても、外観のデザインの評判の高さと内装、空間の活かし方や自由度の高さが自分スタイルに仕上げて生活する居住者に評判が高いです。

現在分譲中の最新フローレンス物件

フローレンス光南町シティレジデンス

フローレンス庚午中パークレジデンス

フローレンス昭和町リバーレジデンス

フローレンス矢野駅前